水彩画コラムNo.1

美の発見
目の前の美に気づいていない人はかなり多い。審美眼は教育と環境によって鍛えられ、変化し続ける。この美を発見するためには無防備で身構えていない、人が生まれたばかりのような純粋で清澄な心の目で見ることが大切。人が死と向かい合った時、生について強く感じる機会を得る。その時はもしかしたらより自然が美しく感じるのではないだろうか。そして、普段からよく観察し、発見し、感じるように努める。観察力は絵を描く上で非常に重要な要素の1つである。

新潟国際藝術学院 東 俊達

AZUMAs 新潟 水彩画家

新潟 水彩画家 AZUMAs 東 富有(父)、東 有達、東 俊達、東 達美(三人兄弟)のアーティストサイト。 画家たちの作品、活動、イベント等を紹介致します。

0コメント

  • 1000 / 1000